サイトメニュー

ボトックスとの違い

薬と注射器

ヒアルロン酸やコラーゲンとは?

ボトックスの施術や効果は、筋肉に直接注入することによって、麻痺を起こし、発達しすぎた筋肉を縮小させる効果があります。表情筋による頑固なしわや、顎や頬の筋肉に注入し小顔の効果、脚痩せや多汗症などにも効果があります。筋肉の張りが気になる、という悩みを持っている方は、ボトックスによる施術がオススメです。そして、ボトックスに並ぶプチ整形の代表として、ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射、プラセンタ注射があります。これらの施術とボトックスの違いには、どのようなものがあるのでしょうか。まず、ヒアルロン酸注射ですが、ヒアルロン酸は非常に高い保湿・保水の力があります。ヒアルロン酸を注入することで失われた水分を補うことができ、潤ったハリのある肌が手に入りるという効果があります。ヒアルロン酸を注入することでしわ取りをすることもできます。筋肉が原因でないシワに歯、ヒアルロン酸注射の方が効果的です。コラーゲン注射は、肌のキメを整えたり、ツヤやハリを保つ効果があります。コラーゲンは食事から摂取することもできますが、効率良く摂るのはなかなか難しいです。肌の劣化が気になる、という方はコラーゲン注射で肌のキメを整えることができます。プラセンタは、美容に役立つ成分がギュッと詰まっており、特に女性に人気の施術となります。プラセンタは、主に哺乳類の胎盤から摂取されます。馬や豚、羊などのプラセンタを利用しているクリニックは多いでしょう。また、植物からプラセンタを精製した製品もあります。プラセンタには、美白や美肌と言った効果の他にも、ホルモンバランスを整える効果などもあります。このように、ボトックスの施術や効果と、そのほかの施術や効果は全く別の内容になります。ボトックスは、筋肉に直接作用しますが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどは、肌や細胞に働きかけます。なりたい自分にはどの施術が必要なのか、しっかりと見極めましょう。

Copyright© 2019 注射1つでキレイが叶う!ボトックスの効果とは!? All Rights Reserved.