サイトメニュー

ボトックスの副作用

女性

副作用が心配…

ボトックスの成分は、猛毒として知られているボツリヌス菌です。そのため、副作用が心配で施術に踏み出すことができない、という方は多くいるようです。ですが、ボトックスの施術に使用されている製剤は、毒素のない、安全な成分なのです。そのため、ボトックスの施術による副作用は、基本的にはない、と捉えることができます。しかし、規定の量を超えた量のボトックスを大量に注入してしまうようなことがあれば、効果を発揮できないどころか、体調不良を起こしてしまう原因になります。体調不良というのは、例えば頭痛や吐き気、めまい、発熱などの症状が現れる可能性があります。ボトックスの濃度や量について、このような安全面について、しっかり考慮しているクリニックを選ぶことも、ボトックスの施術による副作用のリスクを下げることに繋がります。また、施術の副作用としては、注入する量のバランスが悪く、凸凹とした仕上がりになってしまった。注射の針が思わぬところに当たってしまい、内出血が酷い。など、見た目に関係してしまうようなケースもあります。ボトックスの効果を実感するよりも、見た目の問題が気になってまうような結果になるのは避けたいですよね。このような副作用を避けるためには、施術を担当する医師の技術を見極める必要があります。経験の浅い医師や、ボトックスの施術を、あまり担当したことがない医師に施術を任せるのは、少し不安が残ってしまいます。ぼとっくすに関して、専門的な知識や豊富な経験を持っている医師がいるクリニックを探し、カウンセリングもしっかりと行ない、施術について詳しいことまで相談できるような医師に任せるのが理想的です。最終的には医師の技術に頼りきりになってしまいます。ボトックスの施術に慣れていない医師に任せるよりも、豊富に経験を積んで実績のある医師に任せるようにしましょう。

Copyright© 2019 注射1つでキレイが叶う!ボトックスの効果とは!? All Rights Reserved.